日本語

English

Computed DWIプラグイン for OsiriX

本製品は、Mac OS Xで動作するオープンソース医用画像処理ソフトウェア「OsiriX(オザイリクス)」向けのプラグインソフトウェアです。

「2枚のMR画(拡散強調画像;DWIをソースとして、病変(癌を明瞭化した画像を生成するソフトウェアです。

Computed DWI(計算拡散強調画像、以下cDWI)処理を行います。MRIによって撮影された2つの異なるb値(0と1,000 s/mm2など)の2画像を解析処理することで、より高いb値(15,000まで)の画像を推定して表示することが可能です。

これにより、例えばb値=3,000などの画像を得る事ができるため、背景信号が抑制され、病変部がより明瞭になる効果が期待できます。

操作方法の説明はこちら(別ページに移動します)

本ソフトウエアは、cDWIがより実際的に使えるように工夫がなされています。

(1) cDWIでは、高輝度ノイズが発生しますが、本ソフトウエアではこれを防止する機能を有します。

 

(2)またb値を変えると画像が暗くなる現象を自動補正する機能も有しますので、リアルタイムでb値を変えながら観察ができます。

機能一覧

●b値指定による推定画像生成機能

●指定したADC値以下の信号の除外機能

●WL/WW(ウインドウ)の自動追尾機能

●b値未取得時のマニュアル入力機能

環境要件

●OsiriX Lite(64ビット無償版)7.0.x(7.5には未対応です)
 OsiriX Liteは7.0.1を超えるバージョンは64ビットになりました。従来の32ビット版は使えませんので

 本製品をお使い下さい。

●インターネット接続(ライセンスのオンライン認証のために必要です)

ライセンス

●1ソフトウェアにつき、1台でのご利用が可能です。

●インターネット接続によるオンライン認証により利用できるパソコンが固定されます。

●2台以上でお使い頂く場合や、パソコンの買い替えなどの場合は、お手数ですが追加のライセンスを

 お買い求め下さい。

ご留意事項

●このソフトウェアは、米国FDAや厚生労働省の医療機器認定を受けているものではありません。このため

 「個人向け」となります。これは、OsiriXの無償版と同じ条件です。ご利用に際しては、個人利用の範囲にて

 お願い申し上げます。

Computed DWIプラグイン for OsiriX

バージョン:2.0.0

価格:13,824円(税抜き 12,800円)

全身DWI定量化アプリ(BD Score)

前立腺がんの骨転移やリンパ節転移の容積(Diffusion Tumor Volume;tDV)を計測するアプリです。

Windows版と、Macintosh版の両方があります。

全身拡散強調画像は、いくつかの部位(例えば、頸部〜胸部、腹部、骨盤の3つ)を分けて撮像します。

↓これは3部位のファイルを指定しているところです。

↓指定すると、その後はアプリが自動的につなげてくれます。

その後、脳や脾臓などを手動で削ります(所要時間3分程度)。

その結果、腫瘍体積(tDV)が表示されます。右側のように、ADCの低いところと比較的高いところを色分けして表示できます。

ヒストグラムも作成できます。

全身DWI定量化アプリ(BD Score)

価格:432,000円(税抜き 400,000円)

お問い合せ・仮お申込み

▲ページトップへ戻る